2015年4月6日

報道関係各位

日本交通株式会社
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
株式会社博報堂
株式会社ACCESS

「日本交通タクシー配車」アプリ×Beacon搭載タクシーによる

先駆的な情報配信サービスの実証実験を開始

 日本交通株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:川鍋一朗)、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大森壽郎)、株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)、及び株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下ACCESS)は、日本交通グループが保有する一部のタクシーの車内で、iBeaconを活用して情報配信サービスの実証実験を開始いたします。

実証実験内容

 日本交通グループが保有する黒タク(黒色のタクシー)約1,600台の車内にACCESSのBeacon端末を搭載し、株式会社日交データサービスが提供する、iBeacon対応スマートフォン向けアプリ「日本交通タクシー配車」(50万人のお客様が利用)(※1)に対して情報を配信いたします。これによりアプリの基本機能(お客様からの要望に応じた指定場所へのタクシー配車等)に加え、「乗車時間」に注目したタクシー車内でのコミュニケーション機能として動画視聴連動型クーポンを提供いたします(お客様は、一回の乗車ごとにその機会を得ることができます)。お客様の「日本交通タクシー配車」アプリがタクシーの車内に設置されたBeaconに反応し、企業の動画広告のお知らせを通知。乗車時から降車時までの視聴動画数に応じて、次回以降のタクシー料金の割引が受けられるクーポンがお客様の「日本交通タクシー配車」アプリに付与される仕組みです。

 本実証実験は、本日バージョンアップいたしました「日本交通タクシー配車」アプリにて体験いただくことができます。
尚、本実証実験は、「日本交通タクシー配車」アプリのネット決済のご利用のお客様が対象となります。

今回の取り組みでは、株式会社博報堂DYホールディングス マーケティング・テクノロジー・センターが開発している屋外情報配信プラットフォームを活用。この屋外情報配信プラットフォームは、乗車した場所や時間帯、乗車回数に応じて、配信する情報を変更する等、屋外での情報配信に対して高い自由度と柔軟性を実現することができます。

実証実験の実施時期/エリア

本件に関するお問い合わせ

(※1)スマートフォン向けアプリ「日本交通タクシー配車」について

「日本交通タクシー配車」アプリはスマートフォンならではの直感的な操作とGPS機能を活かした日本初のタクシー配車アプリです。カードレス・サインレスでタクシーが利用でき、その利便性から多くのお客様から支持されており、姉妹アプリ「全国タクシー配車」とのシリーズ累計でダウンロード数が150万件を超え、アプリ経由のタクシー配車台数が200万台、タクシー売上は50億円を突破しています。

アプリ実績(全国タクシー配車・日本交通タクシー配車累計)

アプリ受賞歴

実証実験参加一覧

(※2 ) 「DATA WiNGS」について
株式会社博報堂DYメディアパートナーズと株式会社博報堂の協働の取り組みとして“生活者データ・ドリブン”マーケティング対応力強化を担う「DATA WiNGS」が参加。博報堂DYグループ内の“生活者データ・ドリブン”マーケティング対応力強化の中核を担う組織である博報堂「生活者データマーケティング推進局」、博報堂DYメディアパートナーズ「データドリブンメディアマーケティングセンター」の総称。リーダーは、両組織の部門長である安藤元博。

  • 【ご注意】
  • ・ 「日本交通タクシー配車」アプリをご利用で、「ネット決済」を登録していただいたお客様が対象です。
  • ・ 設定画面で、Bluetoothと位置情報サービス(GPS)をオンにしてご利用ください。
  • ・ 本サービスをご利用いただくために必要な通信料及び接続料等はお客さまのご負担となります。
  • ・ ご利用機種、回線の混在状況等の要因によって、乗車している場合であっても乗車が検知できない場合があります。あらかじめご了承ください。


(画像)CM視聴クーポンサービスの画面イメージ

*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本ニュースリリースに関するお問い合わせ

ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



タクシー
ハイヤー
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル TEL:03-6265-6210 FAX:03-6265-6241