環境活動への取り組み

日本交通では環境活動に積極的に取り組んでいます。

日本交通は、全社的に環境対応を推進しています

クールビズ・スタイル

日本交通は2008年に「チームマイナス6%」に参加して以来、全社的に環境問題に取り組んでいます。現在は、環境省が推進する温暖化対策の国民運動「COOL CHOICE」にも参加しています。

クールビズ・ウォームビズへの取組みや乗務員のエコドライブを徹底し、さらなる環境対応を目指しています。

クールビズ ウォームビズ
実施期間 5〜10月 12〜3月
車内
設定温度
エアコン 26度 ヒーター 22度
制服 クールビズ制服 ウォームビズ制服
事業所
設定温度
エアコン 28度 ヒーター 20度
エコドライブ10のすすめ

グリーン経営認証を受けています

グリーン経営認証

日本交通は、公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団より、「グリーン経営」の認証を受けています。

ハイブリッドカー、アイドリングストップ車を導入しています

プリウスタクシー

ハイブリッドカー プリウスやクラウン・ハイブリッド、クラウンなどのアイドリングストップ車を積極的に導入しています。

電気自動車(EV)でのタクシー運用実験(※終了しました)

バッテリー交換式EVによる世界初のタクシー

経済産業省・資源エネルギー庁の「平成21年度 電気自動車普及環境整備実証事業 (ガソリンスタンド等における充電サービス実証事業)」をベタープレイスとともに、バッテリー交換式EVによる世界初のタクシー運用の実証事業を行いました。



タクシー
ハイヤー
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル