日本交通の歩み(沿革)

日本交通の歴史は、初代社長である川鍋秋蔵が1928(昭和3)年4月に、1台のハイヤーから営業を開始し、翌年に銀座木挽町において「川鍋自動車商会」を創設したことから始まりました。
1945(昭和20)年、当時都内約4,000台のハイヤー・タクシーを1,000台づつ四社に統合するという当時政府の指導(旅客自動車運送事業統合要綱)に基づき、川鍋自動車商会の流れを汲む「日東自動車」を主体に11社1個人で設立されたのが、現在の日本交通です。
以降、同業他社の営業譲受等により経営規模の拡大を図りつつ、各方面のお客様から、揺るぎない信頼をいただくとともに、業界のリーディングカンパニーの役割も担ったと自負しております。永年培ったノウハウを活かしたサービスのご提供に努めて参ります。

日本におけるハイヤー・タクシーの始まり

1909(明治42)年頃 日本で初めてのハイヤー営業が開始される。
1912(大正元)年8月5日 日本で初めてのタクシー会社が設立される。
1912(大正元)年8月15日 日本で初めてのタクシー営業が開始される。

日本交通株式会社の誕生

1928(昭和3)年4月 川崎造船所の運転手だった川鍋秋蔵が自動車を購入し、ハイヤーの個人営業を開始(トンボ自動車での同居営業)。
1929(昭和4)年6月1日 銀座木挽町で、営業車5台にて川鍋自動車商会を創設。
1931(昭和6)年6月 高級大型車6台を売り払い、小型プリムス10台を購入し、当時の深刻な不況を乗り切る。
1936(昭和11)年4月 初めて制服・制帽を制定する。
1937(昭和12)年5月 東宝自動車株式会社を設立し、川鍋自動車商会は事業を譲渡。
1938(昭和13)年4月 日東自動車株式会社に商号変更し、事業規模を拡大する。車両73台に。
1940(昭和15)年10月 タクシー営業を開始。
1941(昭和16)年11月 自動車修理工場を持つ。
1945(昭和20)年7月 日東自動車を中心とした12事業者による共同経営を開始。
1945(昭和20)年12月1日 日本自動車交通株式会社を設立し、12社事業者は事業を譲渡。認可車両数:1522台、実保有数:534台
1945(昭和20)年12月29日 日本交通株式会社に商号変更。

日本交通の拡大

1946(昭和21)年 業界で初めて車体にマークを取り付ける。
1949(昭和24)年 「第1回タクシー乗客の実態調査」「タクシー明朗営業運動」を実施。
1951(昭和26)年4月20日 箱根地区の営業を開始。
1952(昭和27)年4月1日 大宮地区の営業を開始。
1952(昭和27)年11月 国産プリンス車を大量発注したのと同時に、タクシー全車を当社独自の車体色に変更し意匠を統一(タクシーのカラー化の始まり)。業界で初めて看板灯(おでこランプ)を採用。
1953(昭和28)年1月14日 立川・多摩地区の営業を開始。
1956(昭和31)年12月 都内初となるハイヤーの無線操車試験を開始。
1957(昭和32)年12月 業界に先駆けて「タクシーレジスター」(領収書発行機)を導入。
1959(昭和34)年4月 車両数1256台となり日本一の規模になる。
1960(昭和35)年5月 業界初の試みとして、新人乗務員の教育機関(通称「日交学校」)を開設。
1960(昭和35)年9月 都内で無線タクシーの営業を開始。
1963(昭和38)年 タクシーを東京四社統一の車体色に変更。
1964(昭和39)年 LPG車を導入。
1969(昭和44)年 タクシーの東京四社カラーを変更(現行カラー)。
1970(昭和45)年3月 第一次ありがとうキャンペーンを実施。
1977(昭和52)年8月 株式会社日交計算センターを設立(現在の日交データサービス)。
1984(昭和59)年11月 「2151(ニッコウイチバン)大作戦」と称して、サービス品質向上キャンペーンを全社挙げて展開する。
1989(平成元)年6月 運行管理請負の営業を開始。
1997(平成9)年4月 ワゴンハイヤーを導入。

より快適な輸送機関を目指して

もっと高い品質を
2001(平成13)年5月 ビジネスクラスのタクシー「黒タク」の運行を開始。
2003(平成15)年7月 乗務員の車内禁煙を開始。(全面禁煙化は2008年1月〜)
2004(平成16)年4月 タクシーにドライブレコーダー装着開始。
2006(平成18)年10月 新制服を導入。
2006(平成18)年12月 ハイヤーに「レクサスLS460 version U I package」導入。
2007(平成19)年8月 タクシー「黒タク スタンダードマニュアル80」導入。
2008(平成20)年3月 サービス産業生産性協議会・経済産業省による「ハイ・サービス日本300選」受賞。
2011(平成23)年8月 エキスパート・ドライバー・サービス(EDS)開始。
2015(平成27)年8月 EDSキッズタクシーが「第9回キッズデザイン賞」優秀賞「経済産業大臣賞」を受賞。
2015(平成27)年9月 エキスパート・ドライバー・サービス(EDS)が「2015年度グッドデザイン賞」を受賞。
 
もっと使いやすく
2001(平成13)年10月 日本交通タクシー専用乗り場を開設。
2003(平成15)年7月 無線センターに英語専用ダイヤル「Taxi English Phone」を24時間開設。
2005(平成17)年1月 タクシーのデジタルGPS-AVM無線システム運用開始。
2005(平成17)年4月 タクシーの業務提携を開始し日本交通グループを結成。
2007(平成19)年3月 電子マネーSuica(スイカ)での決済を開始。
2011(平成23)年1月 タクシーの配車依頼をスマートフォンアプリのみで完結できる日本初のアプリ「日本交通タクシー配車」をリリース。
2011(平成23)年12月 「全国タクシー配車」アプリをリリース。
2012(平成24)年6月 横浜地区の営業を開始。
2012(平成24)年8月 東京観光タクシードライバー認定制度第1号商品。「大江戸スイーツタクシー」運行開始。
2012(平成24)年12月 「日本交通タクシー配車」アプリで日本初となる「ネット決済」サービス開始。
2013(平成25)年10月 「全国タクシー配車」アプリが、「2103年度グッドデザイン賞ベスト100」を受賞。
2013(平成25)年10月 群馬県前橋地区の営業を開始。
2014(平成26)年1月 千葉県館山地区の営業を開始。
2014(平成26)年3月 大阪地区の営業を開始。
2015(平成27)年8月 株式会社 日交データサービズが、JapanTaxi株式会社に商号変更。
2015(平成27)年6月 京都地区の営業を開始。
 
もっとやさしく
2006(平成18)年4月 タクシーにアイドリングストップ機能付車両を導入開始。
2010(平成22)年4月〜11月 経済産業省資源エネルギー庁の実証実験として、ベタープレイス・ジャパン社と協力してバッテリー交換式電気自動車タクシーを運行。
2010(平成22)年12月 LPG改造プリウスを導入開始。
2011(平成23)年1月 日本初のタクシー配車アプリ「日本交通タクシー配車」をリリース。
2011(平成23)年3月 約1600kmに及ぶ航続距離を活かし、東日本大震災においてLPG改造プリウスが「救援タクシー」として稼働。
2012(平成24)年5月 都内初となる「陣痛タクシー」サービス開始。


タクシー
ハイヤー
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル TEL:03-6265-6210 FAX:03-6265-6241